冬になると、寒がりの私はマフラーが欠かせません。なので、寒さの程度によって使い分けられる様、薄手のスカーフから、モコモコのマフラーまで数種類がクローゼットで待機しています。

このスカーフや、マフラー、英語では何と言うのでしょう?

どちらもカタカナなので、日本語での会話と同じ様な使い分けで、文章の中に取り入れたくなるところですが、英語では薄手の物も、厚手の物も、全て「Scarf(スカーフ)」と言います。
「Muffler(マフラー)」も、間違いではないのですが、とても古い表現なので、今では時代劇などで耳にする程度でしかないようです。
現代の英語では、「Muffler(マフラー)」は、車の部品のマフラーとして使われるのが通常です。

英語ネイティブの人達に、It’s cold. I want a muffler. (寒いから、マフラーが欲しいな)と言ったら、「???」となってしまうので、お気をつけください。

こういったカタカナ英語と、本当の英語表現の違いは、他にも色々あります。
以前の記事はこちらから↓
「バイク」を英語で言うと?→クリック
ハンバーガーとハンバーグ→クリック
ホットドッグ?アメリカンドッグ?→クリック

今後も、こういったおもしろい表現の違いを紹介していきます。おたのしみに~。

                        

ANTS English(アンツ イングリッシュ)
☏ 098-943-7420
✉tomomi@antsenglish.com

無料体験レッスン、随時受付中です。
お気軽にお問合せ下さい!

Leave a Comment

Your email address will not be published.