2月14日は、バレンタインデーですね。

日本では、女性から男性へチョコレートなどの贈り物をするのが通常ですが、他の国では、男性から女性へ、またはお互いにお花屋やチョコレートなどの贈り物をしたり、食事に出かけるなど、その国ごとにバレンタインの習慣が違うのは、みなさんも耳にしたことがあるかもしれません。

今回は、アメリカの学校でのバレンタインについて、ご紹介したいと思います。

学校では、子供達がバレンタインのカードをクラス全員で交換します。
Happy Valentineのメッセージが書かれたカードに、おまけでキャンディーやチョコレートなどのお菓子がついたもの、シールや鉛筆などのちょっとした文房具がついたものなど、種類は沢山です。

スタンプ付きのバレンタインカード

キャンディー付きのバレンタインカード

学校やクラスによって、交換したカードを入れる箱(ポストみたいな物)を作ったり、みんなで赤やピンクの洋服を着て登校したり、クラス全体、学校全体で盛り上がるイベントになります。

ANTS Englishでは、2月の2週目のレッスンで、クラスごとに小さなValentine Partyをする予定です。
楽しいだけでなく、しっかり英語にも触れられるゲームを準備してお待ちしています!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *