以前、小学校の英語教育改革についてお話しましたが、今回は中学校編です。
新年度から、中学校ではこんな風に英語教育が変わります !
かなり大胆で、びっくりしております(笑)

・英語の授業は、全て英語で行われる。(英語オンリーの授業は、留学時の語学学校と同じスタイル。英語で英語を教える。)
・覚えるべき単語数も現在の1,200語程度から、1,600~1,800語まで増加。
・「自分の意見を話す、相手の意見を聞く」という授業が行われる。

おまけに、高校で覚えるべき英単語は現在の1,800語程度から、2,500語レベルにまで増量となります。

つまり…

現在: 中学 1,200+高校1,800=3,000単語

今後: 小学600~700+中学1,600~1,800+高校1,800~2,500=5,000単語

教育方針の改革後に高校を卒業する人は、なんとこれまでよりも2,000単語も多く英単語を覚えなければいけないという状況になります。
ちなみに、約5,000という英単語数はTOEICで700点以上のレベルです。

かなりの変化に生徒達はもちろん、教える側の先生達も大変だろうな~と思います。
今後の動きがとても気になりますね。
ANTS Englishでは、バイリンガルの講師がレッスンを行います。学校の授業が全て英語になる分、こちらでのレッスンは文法などの勉強を日本語でサポートも可能です。
お気軽に相談してくださいね。

Leave a Comment

Your email address will not be published.