もうすぐハロウィンですね。
教室のエントランスエリアにも、ハロウィンのデコレーションをしてみました。

最近は、日本でもハロウィンイベントが定着してきていますが、ハロウィンの由来などは、あまり知られていない様に思います。

昨年、地域の子供達のハロウィンパレードに参加して、とっても簡単にハロウィンの由来を紹介させてもらったので、こちらにも内容を載せておきます。

毎年10月31日がハロウィンの日です。
約2000年前、アイルランドやフランスのCelts(ケルト民族)は11月1日を元旦としていました。
10月31日は大晦日に当たる日で、この日には死者の霊が現世へ戻ってくるといわれていました。
悪霊や魔女が町に出てくるのを恐れ、人々は自分の身を守るために、同じ仲間だとだまそうと、悪魔や魔女の仮装をして外を歩きました。
今は子供のお祭りとして、悪魔や魔女をはじめ、好きなキャラクターなどのコスチュームを着て、近所を歩き、Trick or Treat! (お菓子くれないと、いたずらするぞ!)と言いながら、お菓子集めをするイベントへと変化しています。


来週は各クラスごとに、ハロウィンパーティーレッスンです。
みんなで仮装して楽しみましょう!

Leave a Comment

Your email address will not be published.