9月入学制度を取り入れている国々では、6月中旬が卒園、卒業のシーズンです。

私が仕事をしている、アメリカンスクールでも先日、卒園式がありました。
4~5歳のちびちゃん達なのに、海外映画で見るようなガウンにキャップをつけて式に参列します。

コロナウィルスの影響で、休校期間が長引いた去年、日本も9月入学を取り入れたらどうかという案が出ていましたね。

9月入学制度を取り入れると、海外の主要国と区切りが一緒になるので、学生さん達にとってのメリットは大きいようです。
・留学がしやすくなる
現状では、3月に卒業して、9月を待って留学先の学校に入学するので、無駄な期間ができるが、9月入学になると、この期間が省略される。
・夏休みが長くなる
6月で年度が終わり、9月までの間が夏休みとなるので、2か月以上の長~い夏休みが楽しめる。

ですが、日本の社会の中では、なかなか移行は難しいようです。
・新卒就職のタイミング
公務員試験を含め、新卒採用試験も3月に組まれているので、学校だけでなく、企業も変化に対応する必要が出て来る。
・会計年度が4月
国や地方自治体の会計年度も4月スタートで3月終わりとなっているため、予算案の面等で、国全体の会計期間も調整が必要になる。

もし実際に切り替えが決まったとしたら、その年度に入学、卒業となる子供達の区切りや、学習内容の変更等、とても大掛かりな移行になりそうですね。
グローバル化の波の中で、今後どうなっていくのでしょうか?

ANTS English
(アンツ イングリッシュ)

ANTS Englishでは、随時、体験レッスン、および入会を受け付けております。
お気軽にお問合せください。
098-943-7420

Leave a Comment

Your email address will not be published.